いぬまさ裏日誌 - 最新エントリー

手術 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-3-20 9:30

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


先日病院で手術を受けた小町ですが、最終的には両膝の膝蓋骨の手術と右後ろ足十字靭帯の手術で、お会計=約30万円也ということになりました。飼い主の懐も大打撃となっていますが(苦笑)、この金額には入院(およそ1週間)費とリハビリの料金なども含まれており、金額は良心的だと思います。
 
リハビリは、看護師さんによるマッサージや獣医の先生によるレーザー治療などがあり、看護師さんによるリハビリは、1日3回(朝、昼、夕)も行ってくれるということです。今回手術をお願いした「越谷動物医療センター」では、手術の様子も希望があれば見学をさせてくれたり、何事もオープンな感じです。
ただ、見学場所からは手術の様子がしっかりと見ることができてしまうので、スプラッター系が苦手な方はちょっとやめておいた方がいいかも…です(苦笑)。
 
今回、獣医の先生方から「膝蓋骨が悪い子は十字靭帯も切りやすいんですよ」というお話を伺って、「なるほど〜」と勉強になりました。また、片方の十字靭帯を切った場合はもう片方の足の十字靭帯を数年後に切る可能性も高いのだとか…。
膝蓋骨の調子が悪いワンちゃんは、気を付けた方がいいですね。
 
そして、手術前(左)と手術後(右)のレントゲン写真です。
ちょっと見にくいと思いますが、術後の写真では膝の溝にしっかりと膝蓋骨がおさまっているのが確認できました。ひずんだ脛骨も修正されてます。
先生、ありがとう!


 

今のうちにリフォーム 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2012-3-19 16:10

小町が入院している間に、私たちとしてはできるだけのことをしようと、部屋のリフォームに取り組んでいます。といっても予算が無いので、とりあえずラグやカーペットを買ってきて、リビングや廊下のフローリング部を、全面的にカバーするだけ。

 

とにかく元気になった小町が、遠慮することなく走り回ることのできる空間を確保したいと考えました。

 

両後ろ足の膝蓋骨脱臼のみならず、前十字靭帯まで損傷していたのに気付かなかった反省と、今後のリハビリを含めた快適な生活のために、何よりも手術を頑張った小町のために、できるだけのことはしようと思います。

 

ということで、まずはリビングのラグマットを購入。この後、廊下全面を滑りにくいペット対応の床材で覆い、ダイニング部分もラグを追加しようと。

ベッドルームには従来使っていたカーペットを敷き直す予定。小町が普段移動する動線にすべて衝撃吸収と滑り止め効果のある床材を張り巡らす予定。理想は本格的な床面のリフォームなんでしょうが、ここは無理せずできるところから対応しようと思います。

 

靭帯損傷!?

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-3-18 18:35

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


本日小町さんの手術が無事に終わりました。なんと手術の様子を別のお部屋から見せていただくことができたので、最初から最後まで見学させていただきましたが、手術の最中に先生の動きが…。嫌な予感がしていると、看護師さんが説明に来てくれて「十字靭帯を損傷していました」とのこと…。


結局、膝蓋骨の手術に加えて十字靭帯の手術も追加で行ってもらうことになりました。

先生曰く「膝を切開した時に普段とは違う赤さが目についた」ということで、十字靭帯もじっくりと確認してくれて、損傷が判明したとのこと。
厳密にいうと、十字になっている靭帯の1本が、3分の1ほど切れていたんですが、「骨折と同じですね。」といわれて、飼い主の注意不足を大変反省しました…。
 
手術の写真もとっているので、状況を整理しつつ、ブログにアップしていきたいと思っています。麻酔が覚めはじめて朦朧としている小町に声をかけてはきましたが、小さい体で本当によく頑張ってくれました。
 

今日から入院 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2012-3-17 14:00

今日から入院だというのに、雨が降ってしまい散歩もできなかった小町。そのかわりに、室内でできるだけ遊ばせています。本人はもちろん理解をしていないでしょうが、ことのほか楽しそうにしているのが可哀想にも思えます。

明日は早速手術だし、それから1週間の入院生活。お見舞いはOKなんですが、果たして行ったほうがいいのか、それとも行かないほうがいいのかどうか・・・。

 

元気になって、また一緒に走り回ることができればそれで十分なんですけどね。

頑張れ、小町!!

今日もいい天気〜♪

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-3-16 7:40

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


最近お天気がいいと、午後から和室に日が差してくるので、小町は決まって日向ぼっこをしながら、オモチャをかみかみしたり、ボヤ〜っとしながらウツラウツラzzz…とまったりしています(笑)
 
毎年この時期は、空気は冷たいけど日が当たると暖かくて気持ちがいいので、先代のさくらもよく日向ぼっこをしていました。これから、暖かくなりお出かけ日和になるので、小町も悪いところを早く治して、走り回らせてあげたいですね。
 

調子がいい!

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-3-15 9:00

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


今日は、小町の足の調子が良さそうなのでロングのお散歩に出かけてみました。

出会うワンちゃんに挨拶をしたいと、はしゃぐ小町をなだめるのが大変でしたが(苦笑)、とっても楽しそうなので見ているこちらも気分がいいです(笑)
なかなかロング散歩に行けない日々が続いていたせいか、ことのほかご満悦の様子でした。
 

このステッカーに注意!!

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
inumasa 2012-3-14 22:21

遅ればせながら、犬真ステッカーを制作しました。

だから何ということではありませんが、ひとまずカングーのリアウインドゥに貼っています。もし見かけましたなら、お気軽にお声をかけてください。カングーにこのステッカーを貼っているのは、もちろん私たちだけですので!

 

ステッカーは配布目的で制作した訳ではありませんけど、もしも欲しいという方がいれば喜んでお送りします。ご希望の方はお問い合わせください!

 

 

SEVルーパーの使い方

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2012-3-13 8:40

この前、ちょっと書いたのですが、ウチではワンコに何かしらのトラブルが出ると、人用SEVルーパーtypeMをこんな風に使います。

普段私が使用している48僖汽ぅ困覆里如△修譴鯑鷭鼎砲靴謄ルクルッと巻くだけ。マルチーズくらいだと、ちょうどコレで寸法的にピッタリでしょう。

 

人間が首に巻くだけで、首や肩のコリや痛みのみならず、腰(ハリや痛みの低減)や目(かすみ目やフリーズ等の低減)までに効果を発揮するアイテムですから、小型のワンコにならもっと広範囲で影響があるかと。

 

先代さくらも具合が悪くなってからは、ずっと使っていました。さくらも小町も、巻いてあげると調子良さそうですよ。ケガでも病気でも、コンディションアップという面でプラスに作用すると実感済み。

 

さらにSEVベッドに入れている時、より効果が高まる、主にSEV Sブロック3Dとの相乗効果が期待できます。

ルーパーは金属部分と、シリコンのループ部分の両方にSEVが内蔵されています。犬真では人間用としてだけでなく、ワンコ用としてもオススメしています!

 

行動分析学会 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-3-12 7:50

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


先日、法政大学で行われた「ヒトとイヌとのコミュニケーション〜ほめて育てるしつけの盲点〜」という公開講座(主催:日本行動分析学会)に参加してきました。
わたしもいろいろなセミナーや講座に参加してきましたが、今回の講座はとってもおもしろかったです! 内容も「なるほど!!」というお話ばかりで、4時間30分(実際は少し時間をオーバーしましたが…)は、あっという間でした。
しつけの際に「行動の原理を考えること」「随伴性で行動を見ること」など、改めて行動分析の大切さを実感することになりました。
 
また、今回は特別支援学級の先生方に生徒との接し方をコンサルティングされているという奥田先生のお話を聞けたのもとっても勉強になりました。ドッグトレーナーは犬と関わるだけでなく、飼い主さんとコミュニケーションをとることも大切なので、人との関わり方についてもいい勉強になりました。
子供の教育に関する書籍になりますが、奥田先生の本もおもしろそうなので買って読んでみようかなと思っています。
 
講師の方々(パンフレットより抜粋)
○山本央子(ヤマザキ動物専門学校/帝京科学大学)
著書『ヘンリー、人を癒す—心の扉を開けるセラピー犬—』、
訳書『よくわかるアニマルセラピー入門』など
○杉山尚子(ヤマザキ動物専門学校/日本行動分析学会理事)
訳書『うまくやるための強化の原理―飼いネコから配偶者まで』
著書『行動分析学入門 ―ヒトの行動の思いがけない理由』など
○奥田健次(桜花学園大学)著書
『叱りゼロで「自分からやる子」に育てる』など
○司会:島宗 理(法政大学)
著書『人は、なぜ約束の時間に遅れるのか』など

 

手術を控えて 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2012-3-11 13:42

両膝の手術まで1週間となった小町。かなり毛がボーボー状態だったので、カットへ出すことにしました。おそらく手術の際に後ろ足は刈られてしまうでしょうが、少しでも手間を省けるようにしておきたいと考えたのです。

それと術後にエリザベスカラーを装着されたり、通院も含めリハビリ期間もそれなりにあるので、毛が長いと何かと面倒だろうと思いました。毛玉だらけになって、後で大変な思いをしたくありませんから。

 

なのでまだちょっと寒いのですが、夏仕様に近い短めをリクエストしています。

先ほどカットサロンから迎えが来たのですが、クレートに入れられた小町は「ピーピー」鳴きながら、無情に連れられて行きました(笑)

 

野菜生活 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2012-3-10 8:10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近、小町はかなりベジタリアンになっています。とはいえ、ダイエットフードに生馬肉や野菜を混ぜたり、オヤツを生野菜やフリーズドライの野菜にしているということで、野菜生活100%ということではありません。

キャベツやキュウリを美味しそうに、バリバリ、シャクシャクと食べてくれるので私たちとしては助かります(笑)

 

とにかく体重を落として、四肢への負担を軽減したいというのが、今一番の課題。

触った感じは贅肉が減ってかなりスッキリとしてきたのですが、体重そのものはあまり減っていません(泣)

ひょっとして、まだ成長しているのかもしれませんね。成犬じゃないというのが、ネックなのかも。頑張れ〜、小町!

 

安静というより監獄生活 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2012-3-9 11:00

ここ連日、SEVベッドに閉じ込められる時間の長い小町です。

手術まで安静にするのが一番の薬なんですけども、そんなことは理解できるはずもなく、隙を見ては走り回ろうとしています。無理もありませんけどね。

 

そのため監獄生活が長くなる→フラストレーションが溜まる一方→余計に遊びたがる→いろんな声色で出してくれとねだる→鳴くと飼い主は一切かまわない→監獄生活が長くなる、という連鎖状態です(苦笑)

 

ただSEVベッドにいる時間が長いと、調子良さそうなのは間違いありません。その分、出した時に暴れるのが悩みの種という感じ・・・。

 

ペット用SEV 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-3-8 20:54

こんにちは、犬真店長のmasamiです。
先日ファイテンさんとライオン商事さんが共同開発して、ペットの首輪をオンライン限定で発売したというニュースを見ましたが、犬真おすすめのSEVさんでも犬用の首輪を発売しているので、ご紹介しますね。
 

■商品名:SEV レザーベルト(ペット用)
■価格(税込)
Sサイズ(首周り:190mm〜270mm)  19,950円
Mサイズ(首周り:230mm〜290mm)  24,150円
Lサイズ(首周り:330mm〜390mm) 24,150円
■カラー  ブラウン

 

 

■サイズ別詳細
Sサイズ  長さ:320mm 幅:15mm 厚さ:3mm(約10mm間隔で7段階のベルト穴)
Mサイズ  長さ:360mm 幅:17mm 厚さ:4mm(約12mm間隔で5段階のベルト穴)
Lサイズ  長さ:460mm 幅:20mm 厚さ:4mm(約12mm間隔で5段階のベルト穴)
 
※サイズはおおよその表記となっております。実際のサイズとは若干誤差が生じる場合もございますので、ご了承くださいませ。
※Lサイズが、新しくラインナップに加わりました。
 
以上が、細かいサイズになります。
革で作っていますので、始めは硬いかもしれませんが、使い続けているうちに味がでてくると思います。また、革製品ですので重さもナイロン製のカラーに比べると重くなってはいますが、SEVを内蔵していますので、体の筋肉に働きかけ、筋肉のコリをやわらげリラックス効果を促します。
SEVショールームの方にお話を伺うと、人用のSEVで効果を実感された飼い主の方が「愛犬のためにも」とご購入されているそうです。うちでは人用のルーパーなども小町の首に巻いたりして、SEV効果を有効的に使わせてもらっています(笑)
 
※首輪やルーパーを使用する場合は、家具や枝などの突起物にひっかからないようにお気を付けください。
 

最近の日課 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-3-7 9:00

 

  

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


小町の最近の日課は、マッサージです。
筋肉をほぐすマッサージや体を意識させるマッサージなど何パターンかをランダムに選んで施術しています。ここ2〜3日は、炎症を抑える薬を飲んだり、SEVベッドで長めに寝かせるようにしたりしているので、いっときほどの筋肉の緊張は感じられません。
 

 


また、マッサージとあわせて「SEVフリア」も使っていますが、小町はことのほかフリアがお気に入りです。始めは、キラキラ光る棒に興味津々で、かじろうとしたり遊ぼうとしたり大変でしたが、何度かフリアを試しているとそのうち気持ちよくなって、横になって寝てしまうようになりました(笑)
 
特に、前足に負担がかかっているので、肩甲骨周りや首などとっても気持ちよさそうにしています。犬真では、フリアを使った施術もありますので、気になる方、関心のある方はお問い合わせくださいませ。

 

体のバランスを見るということ…

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-3-6 21:14

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


ここ最近のテーマになっている(苦笑)膝蓋骨脱臼ですが、小町の場合脱臼するまでに気付いた点と脱臼してから気付いたことを参考までに書き出します。
 
まず脱臼前は…
    右後ろ足を突っ張って歩くようになった
    体が右に少し曲がっていた
    両後ろ足をつっぱって歩くようになった
    前足が外側に開いてきた(人でいうところのガニ股)
など、歩き方が少しおかしいと感じていました。
 
そして、脱臼が判明してからは…
    抱き上げると後ろ足の関節あたりからポキという振動を感じるようになった
    スキップ、足をひきずるようになった
    体の後ろ側(お尻まわりや後ろ足)を触ろうとするのを嫌がる
    体の筋肉に強張りを感じるようになった
    後ろ足をつくときに内むきになってきた(人でいうと内股)
などでしょうか。
 
マルチーズは毛が長いので、歩き方や足の運びを見るのは難しいのですが、バランスドックマッサージで歩き方や立ち方などを意識するということを勉強していたので、変化がある前から観察できていたのが大きかったと思います。


体のバランスが崩れているということは、体に歪みが生じ、どこかに負担がかかって、コリや痛みなどの症状がでてきます、人も一緒ですよね。


また犬の場合は、オスワリやフセの姿勢をとっても、右や左に女の子座りなどをする癖がある場合なども、どこかをかばっているということも考えられます。(もちろん違う場合もありますので、診断は動物病院の先生にしてもらいましょう)みなさんも、愛犬の姿勢をよく観察するクセをつけてみましょう。


ただし、お散歩のときなどはワンちゃんばかりに集中してしまうと危ないので、自転車や自動車、人通りなどにも気を配って歩いてくださいね。

 

BLOG

いぬまさブログ

LINK

SEV
DOGBAG
sleepypod
TopZoo

Warning [PHP]: opendir(/home/inumasa-web/XC/modules/d3blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113